FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ウッディの暴走!? 彼を阻止しろ! フィギュア劇場(中編) : スポンサー広告 : フィギュア : 新・ラビ兎のブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◇ カテゴリ : スポンサー広告

ウッディの暴走は留まることを知らない!

ささらとまどかがウッディの毒牙にかかり、攫われてしまう!

これに危機感を抱いた、仮面ライダーとプリキュアはウッディの暴走を阻止するべく立ち上がった!



黒ウサギの自由気ままなまったりプログ  黒ウサギの自由気ままなまったりプログ

ウッディの闇はとてつもなく強大なものだ…

しかし、力を合わせて、この戦いを乗り越えてみせる…!

プリキュアと仮面ライダーがいま心を一つにして!

ウッディの待つ地へと赴くのであった!




フィギュア劇場

仮面ライダーハートキャッチプリキュア

ウッディの暴走と…そして、覚醒!?









―――廃れた炭鉱内部

黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


そこは今はもう使われていない炭鉱の中だった。

人がいる気配は全く感じられず、少しサビのようなつんとした匂いが鼻をつく。

ひんやりとした空気がそうさせるのか緊張感漂わせながら、ウッディが居ると思われる最深部へと徐々に静かに近づいて行った。


巧『よし……ここも誰もいないようだな…行こう!』


巧を先頭に敵がいないかを確かめながら、前へと進む。

つぼみ率いるプリキュアチームとディケイド&ディエンドチームとは別に行動しながらウッディの待つエリアへと向かっていった。


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


もうかなり深くまで侵入してきたが、ここまで来ても全く誰とも会わない…。

何も起こらないことに不気味さを覚えずにはいられない。

罠らしいものもなければ、敵にも出会わない…何も起こらないからこそ一層不気味さを漂わせる。

とそのときだった…!

薄暗くて視界もままならない奥から足音が聞こえてきた!


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


巧『誰かが来るぞ…!警戒しろ!』


とっさに足音が聞こえてくるその先に視線を向けてそれぞれが警戒する!

徐々に足音はやがて大きくなって近づいてくる!

果たしてウッディだろうか?


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


まどか『ハァハァ…ハァハァ…!た…巧さん!


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ

巧『まどか!?』

黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


巧『どうしてここに?大丈夫なのか!?』


まどか『う…うん…ささらさんがウッディを抑えているすきにそれで私を逃がしてくれて…ううっ』


事情を聴くとどうやらまどかはささらが身を呈して、2人を抑えている間になんとか逃れたようだ。

しかし、ささらは捕われたままである。



黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


巧『どうやら奥にはウッディがいるらしいが…それとは別に彼が率いる手下がそれぞれのエリアで待ち構えているらしいようだ…』


まどかから説明を聞くあたり、ウッディが思わず漏らした話からウッディのいる最深部とは別にそれぞれのエリアで手下が侵入した敵を排除する為に待ち構えているようだ。


仗助『じゃあ、ここで二手に分かれて行動しましょうか?』


翔太郎『そのほうがいいかもしれないな…どの道行っても最後はウッディのいる場所で落ち合うわけだしな…』


仗助『じゃあ俺は巧さんとで、翔太郎(&フィリップ)さんと城戸さんと雄介さんとでそれぞれ別れて行きましょう』


まどかが来た道の先には二つに分かれた道があるようでそこで二手に分かれてウッディの待ち構える最深部へと進んでいくことにした。


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


巧『俺たちはウッディのいる元へいくけど…まどかは先に戻っていてくれ。終わったらすぐ戻るからな?』


まどか『うん…気をつけてね…』








一方、プリキュアチームは…


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


えりか『オラオラ~~~!!女の敵ウッディ~~~!!どこにいる~~~!!あたしがギッタギタにぶっ倒してやるっしゅ~~~!』


つぼみ『えりか~~~!声が大きいですよぅ~~~!これじゃ侵入した意味がないですよぅ~!!』


えりかが声を張り上げながら、ずんずんと前へと進んで、それをつぼみが追いかけていた。

静かに侵入するつもりが、ウッディを女の敵だと大声で張り上げているうちに我を忘れてしまっているようである。


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


いつき『大丈夫かな…?少し不安だよぅ…。』


ゆり『大丈夫よ、あれだけ張り切っているなら頼りになっていいじゃない。まぁ、少しやり過ぎかもしれないけど…』


つぼみとえりかの後ろをゆっくりと歩きながら前へと進む二人。

えりかが声を張り上げながら先へと行ってしまうのを見ながら静かに進んでいた。


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ

いつき『余裕ですね…』


ゆり『あら、何かがあったとしても大丈夫でしょ?ここには武術をしている生徒会長様がいるじゃない。フフフ…』


いつき『ちょ…茶化さないでくださいよ!それに敵地の真っただ中にいるんですよ!?もう少し緊張感をもったほうが…』


ゆり『ふふ、ごめんなさいね?それに……敵ならもう既に近くまで来ているわよ?』


いつき『えっ?』


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


二人の頭上には迫る影がひとつ……!


ゴオオオオォォォッ!!


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


ドガアアアアアアンッ!!


迫る気配を察知した二人はすんでのところでかわす!

さっきまでいたその場には禍々しい力を放つモノが地面を大きく削って現れた!


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


ベリアル『くっくっくっくッ…流石にかわされたか…そうでなくては面白くないぜ』

黒ウサギの自由気ままなまったりプログ

ベリアル『俺を…楽しませてくれるんだろうなぁ!?』

醜悪に歪む笑みにいつきとゆりは物怖じせずに目先の敵を見据える…!

黒ウサギの自由気ままなまったりプログ

いつき『出たな…ベリアル!』


ゆり『貴方と楽しんでいる暇なんてないの…悪いけどすぐに終わらせてもらうわ!』


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


ドドドドドドドドド……!!


つぼみ『にゃあああ!!お…お侍さんが来るぅ~~~!!』


えりか『刀振り回さないでよぉ~~~!!これだったらスナッキーと戦ってるほうがまだましだよぉ!』


突如として現れたサムライ…ザムシャーにつぼみとえりかは追いかけられていた。


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


ザムシャー『ええい!ちょこまかと逃げるでないわ!この刀で貴様らの血を吸わせろおおお!』

黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


えりか『刀振り回しているサムライに逃げるなって言われても止まる馬鹿はいないって!!』


ザムシャー『ならば止まる馬鹿になれ!そして、この刀に血を吸わせろ~~~!』


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


つぼみ『言っていることが無茶苦茶ですよこのお侍さん!!』


ザムシャー『ええい!埒があかぬわ!こうなれば…この剣術をとくと味わうがいいわ!』


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ

ズバアンッ!!


つぼみ『きゃあああああ!!』


えりか『うひえええええ!!』


大きく振りあげられた刀が一閃。

すると地面がいとも容易く紙を切るかのように切れてしまった!


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


ザムシャー『もう鬼ごっこも飽いたわ…!そろそろ、その首を頂戴するぞ…!』


えりか『やっぱり…美人薄命ってホントだったんだぁ~ウェへへへ…www』


つぼみ『えりか~!しっかりしてください!ここで何もしなかったらホントに首を取られちゃいますよ!』


ザムシャー『くくく…若い女子の首を刈り取ってみたいと思うておったのよ…ぜいぜい逃げ回って泣きわめくがよいわ!』


そして、ザムシャーの握られた刀が頭上高く振りあげられ、白刃が妖しく光に反射して、振り下ろされる…!






一方で翔太郎チームや士チームも敵と合流して対戦する…!


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ

霧彦『ここから先は行かせませんよ!』


翔太郎『くっ!やっぱり、こいつ強ぇ!』

疾風の騎士を異名に持つナスカ・ドーパントを相手に三人がかりで挑むも圧倒的な力の差を前に苦戦を強いられる!


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


ディエンド(海堂)やディケイド(士)もラブマシーンを相手に挑む!





一方で先ほど二手に分かれて行動した仗助&巧チームも…


巧『あれは…確か映司?おい、映司?ここで何をしている。』


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


映司(?)『…………』


オーズに近づこうとした途端にオーズの手がゆらりと怪しく動く…!

そして、持ちあげられた鞭が…


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


バリバリバリバリ!


巧『な、何を!?うわあああああああ!』


振りあげられた鞭は巧に向けられ、電流を身体に流し込む!


仗助『巧さん!?てめぇ、何を!』


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


仗助のもつマシンガンが映司に向けられ、火を吹く!


仗助『いくらてめぇでも…加減はしねぇぞ!』


ダダダダダダダダダダ!

黒ウサギの自由気ままなまったりプログ

マシンガンが映司に向けられ、放たれるが全くダメージを受け付けないのか飄々とした顔でこちらに目を向ける。


仗助『くそ!効かねぇのか!?この野郎!』


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


マシンガンも弾切れとなり、弾を打ち尽くしてもなおオーズは余裕で徐々にこちらへと近づいてい来る!


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


そして、その頭上には一つの影が…!?

黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


映司『メダガブリュースラッシュ!』

ドガアアアアアアアアン!!


そこに現れたのはなんともう一人のオーズ!?


仗助『い…一体、何がどうなってやがるんだ!?』


目の前に現れた二人のオーズに巧と仗助は驚きを隠せなかった。

助けられたようだが、もしかしてあっちのが本物の火野映司なのだろうか?


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ

ドオオオオオオオオオオオン!


真っ二つに切り裂かれたオーズ(シャウタ)は倒れて爆ぜた!


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


映司『やぁ!巧さん、仗助君!大丈夫かい!?』


仗助『あ、ああ…俺達は大丈夫だけどよ…本物なのか?』

映司『ああ…あれは本物のオーズじゃないんだよ…ちょっとコアメダルをなくしちゃってね…アハハ(笑)』


仗助・巧『え?』


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


振り向くとそこにはもう一人のオーズが居た場所には多くのセルメダルと…そして、コアメダルがあった。

どうやら映司が言うにはブロッサムことつぼみ調教されているうちにどこかでコアメダルをなくしてしまったらしい

全く人騒がせだ…と仗助達はため息をつくしかなかった…


仗助『なんて人騒がせな…やれやれッスよ…』






黒ウサギの自由気ままなまったりプログ  黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


『集まれ!二つの花の力よ!』


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


『プリキュア・フローラルパワー・フォルティシモ!』


ズギュウウウウウウン!!


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


『『はああああああああっ…!』』

黒ウサギの自由気ままなまったりプログ

ポワポワポワワ~~~~~ン


ザムシャー『絶頂(逝く)ぜ~~~www』


ほどなくしてキュアブロッサムとキュアマリンはザムシャーを撃破した。


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ  黒ウサギの自由気ままなまったりプログ

『『集まれ!花の力よ!』』

黒ウサギの自由気ままなまったりプログ  黒ウサギの自由気ままなまったりプログ

『『プリキュア・シャイニングシルバー・フォルティシモ!!』』

*オリジナル合体技です


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ

ポワポワポワワ~~~~~ン


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


『『はあああああああああ…!』』


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ

ベリアル『もうどうでもいいや~www』

かくして、キュアムーンライトとキュアサンシャインもベリアルを難なく撃破した。







黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


雄介『くそっ!なかなかウィークヒットをあてられない…!』


翔太郎チームは未だにナスカ・ドーパントを相手に苦戦していた。


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


翔太郎『こうなったら…一気に決めるぜ!城戸!雄介!時間を稼いでくれ!』


城戸『わかった!』


雄介『やってみるよ!』


一気に大技でナスカに決めるしかない…!

しかし、ナスカの速さに必殺技をあてるのは至難の業だ…ならば二人が一気にナスカを攻めて、一瞬の隙を狙って決めるしかない。


Wはジョーカーのメモリを引き抜いて、マキシマムスロットに差し込む。


>>ジョーカーマキシマムドライブ!


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ

ガキンッ!ガキィンッ!

龍騎のソードが交わった瞬間、ナスカの動きが一瞬止まった。


フィリップ『今だ!翔太郎!』


翔太郎『ああ!いくぜ!』


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ

翔太郎『はぁっ!』


空高く舞い上がり、ナスカを正面にとらえると勢いよく向かっていく。

黒ウサギの自由気ままなまったりプログ

ゴオオオオオオオオオッ!


翔太郎フィリップ

『ジョーカーエクストリーム!!』


勢いよくナスカへと向かってゆくWは身体が二つに分かれサイクロンとジョーカーのエネルギーが二つ、ナスカに向かって放たれた!


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


ドオンッ!!

一瞬の隙を突いて、ナスカの胸元へとWのキックが決まる!

ナスカは強敵ではあったが、辛くも翔太郎達は勝利した。



黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


バキィッ!


一方で士と海堂もラブマシーンを相手に戦い挑むも棒術だけではなく、武術も卓越していて為すがままにされていた。

海堂『士!』

士『くっ…!こいつは強いぜ…』

黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


士『もうあらゆるカードは使いつくしたし、もうこれといって使えるカードはないぞ!?』


海堂『いや…まだ一枚だけ使っていないのがある…!士!あのカードを使うんだ…!』


士『…!わかった…やってみるか!』


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


ラブマシーン『何をする気かは知らんが…どんな小細工を使おうと俺の前には無力だ!』


士『それはどうかな?やってみなくちゃわからないだろう?』

士はカードホルダーから一枚のカードを取りだした。

そのカードにはディエンドの画が描かれたカードだった。

ファイナルアタックライドのカードをドライバーに差し込んだ!


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


>>ファイナルアタックライドゥ…!


ディケイドとディエンドの手に持つ銃口から凄まじいエネルギーが集約してゆく…!


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ

>>ダブルディメンションシュート

ラブマシーンの向けられた矛をもはじき返し、集約されたエネルギーはラブマシーンの胸を貫いた!

ラブマシーン『馬鹿な…まさか……ぐわああああ!!』

断末魔の悲鳴を上げながらラブマシーンは倒れ敗れた。

辛くもラブマシーンに勝利した士と海堂であった。






一方その頃、仗助と映司、巧は……


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ

仗助『う…うぅ…くっ…!』


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


映司『強…い…!これまでのクリードと比べ物にならない…!』


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


巧『うぐ…っ!ここで倒れるわけには…っ!』


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ


ウッディのもとへ先に辿り着いたが、ウッディの恐るべし力を前に為す術もなく次々と倒された!


黒ウサギの自由気ままなまったりプログ

ウッディ『やれやれ…この程度とは笑わせてくれる?仮面ライダーとはこの程度か?』

醜悪な笑みに冷めた目で倒れる仗助たちを見下すウッディ。

彼を倒すことは果たして不可能なのか!?


次回予告!


ついにライダーとプリキュアが集結!

ウッディの暴走と支配は果たして止められるのか!?


次々と倒されるライダーとプリキュアについに彼が『究極の闇』へと進化を遂げる!?


???『もう…俺はいらないライダーなんて呼ばせない!見ていて下さい…俺の…変身!!』


ついに決着なるか!?


次回お楽しみに!


To Be Countined!!



◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : フィギュア


[1. 無題 ]          ◇ 一番隊隊員奥村燐 | URL |  11/16 22:40 | edit
神が降臨したか・・・・・ウッディ強すぐる(´・ω・`
あ、読者登録ありがとうございました!


[2. Re:無題 ]          ◇ ラビットビート | URL |  11/17 01:36 | edit
>一番隊隊員奥村燐さん
ウッディ最強ですwww
次回はついに彼が…!?
まさかの決着!?お楽しみにw

こちらこそ、ありがとうございます
宜しくお願いしますね~


[3. 無題 ]          ◇ マキソ | URL |  11/18 01:06 | edit
やはりウッディは全てのフィギュアを滅ぼす者でしたか・・・w

ガイアのエフェクトの使いが良い味出してますね^^
次回の展開にwktk!!
お頑張ってお下さい!!!


[4. Re:無題 ]          ◇ ラビットビート | URL |  11/18 12:51 | edit
>マキソさん
おのれ…ウッディーーーー!!www

ガイアのエフェクトはマジ重宝しますw
あるのとないのとでは全く印象がガラリと変わりますwww

次回はまさかの決着!?
乞うご期待!


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://daina2795.blog.fc2.com/tb.php/29-fd6683f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。