FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
小劇場 後篇 隠し子!?いったい誰が父でだれが母ですか!? : スポンサー広告 : ブログ : 新・ラビ兎のブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◇ カテゴリ : スポンサー広告


●後篇ですよ~



ラビ×気まぐれ×ブログ

ウヴァによって柊クンが危うし!このまま為すすべもないままに見てるだけしかできないのか!?

ラビ×気まぐれ×ブログ


のぞみ『柊クンには手を出させないわよ!!』


ドガァ!!

ラビ×気まぐれ×ブログ


先ほどウヴァによってやられたはずののぞみが復活!?

子を想う母の力なのか…未だ見ぬ未来の子供を守るためにキュアドリームが立ち上がる!


ラビ×気まぐれ×ブログ


ウヴァ『ちっ…やはり確実にとどめを刺すべきだったか…まぁいい…どっちみち今のお前たちでは俺にかなうはずはない…』


ドリームに邪魔されていらだちを見せるウヴァだがそれでもまだ余裕を見せる…


ラビ×気まぐれ×ブログ


のぞみ『どうする!?このまま戦っても勝てそうにないよ…!』


士『まぁ慌てるな…こっちにはとっておきがあるんだ…』

ラビ×気まぐれ×ブログ


ドライバーに一枚のカードを差し込むディケイド!

カメンライドゥ!イリュージョン!!


ラビ×気まぐれ×ブログ

なんとディケイドが分裂して三人のディケイドが現れた!?


ラビ×気まぐれ×ブログ


士『……………何故一人だけコンプリートフォームなんだ…』


ディケイドは通常を含め、激情態、コンプリートフォームしかいませんのでwwww


ラビ×気まぐれ×ブログ


士『まぁいい…気を取り直して…』


カメンライドゥ!ファイズぅ!!クウガぁ!!


己の分身にクウガとファイズに変身させる!


ラビ×気まぐれ×ブログ


三人がかりでcompleteウヴァに挑むディケイドたち!!流石に三人がかりではかなわないだろう…!


ラビ×気まぐれ×ブログ


しかし、一振りでディケイドたちを圧倒させる!?

これがすべてのグリードのコアメダルを宿したからなのか…凄まじい力にかなわない!


ラビ×気まぐれ×ブログ


士『くっ…これほどとは…こうなったら本気で行くぜ!!』


ラビ×気まぐれ×ブログ


カメンライドゥ!!コンプリートフォーム!!


ディケイドライバーにKタッチを装着させて、コンプリートフォームへと姿を変える!

ラビ×気まぐれ×ブログ


ディケイド本体がコンプリートフォームへと変化を遂げたことでファイズとクウガも変化する!


カメンライドゥ!ファイズブラスター!!


ラビ×気まぐれ×ブログ


カメンライドゥ!クウガアルティメット!!


ライアルはまだ持っていないので…wwww


ラビ×気まぐれ×ブログ


最強フォームで挑むディケイド達!ウヴァに勝つにはもはやこれしか手はない!

果たしてcompleteウヴァを倒すことはできるのだろうか…

ラビ×気まぐれ×ブログ

ウヴァ『無駄なこと…あの世界のディケイドならまだしも…この時代のお前らには俺には勝てぬ!!』


未来でのディケイドには敵わなかったのだろうか…過去であるこの時代のディケイドには恐るるに足らず!!向かってくるウヴァにディケイド達は身構える!!


ラビ×気まぐれ×ブログ


士『でやぁ!!』


ウヴァ『ふっ…なんだそれは?全力のつもりか?遅すぎる!!』


士『なっ…速い!?』


ウヴァの反射神経が極限にまで引き出されているからかコンプリートフォームでさえも全く通じない!?

ラビ×気まぐれ×ブログ


ウヴァ『さっさとくたばれ!!』


ザシュッ!!


士『うわぁっ!!』


鋭いウヴァのクローがディケイドの胸を深く抉る!!


ラビ×気まぐれ×ブログ


しかし、それでもウヴァに一瞬のすきを与えさせないためにも後ろには既にディケイドクウガが構えていた!!

ラビ×気まぐれ×ブログ


ウヴァ『遅い!!無駄だぁ!!』


ドガァ!!


後ろを振り向く間もなく振り向きざまに回し蹴りを放つ!!


ラビ×気まぐれ×ブログ


しかしそれでも攻撃の手を緩めずにディケイドファイズがウヴァに斬りかかる!!


ラビ×気まぐれ×ブログ


勢いよく振り切られたブレードはウヴァのクローによってへし折られる!?

ラビ×気まぐれ×ブログ


ウヴァ『ゴミがぁ!!俺様に刃向おうなんて無駄なんだよ!!』


速く重いウヴァの蹴りが放たれて、飛ばされるファイズ!?


ラビ×気まぐれ×ブログ

ウヴァの凄まじい力によってディケイドの分身たちは一定のダメージを超えて消えてしまう…ウヴァはそれを嘲笑う…!!どうしたらこの化物を倒せるのか!?


ラビ×気まぐれ×ブログ

のぞみ『ど…どうしたら…今の私じゃ足手まといだし…』


キュアドリームも加勢したいが、ウヴァの圧倒的なまでの強さにディケイドコンプリートフォームですらも敵わないことに自分が挑んでも足手まといだとして、なかなか加勢できなかった…


ラビ×気まぐれ×ブログ


ラブ『のぞみちゃん!私の力を貸してあげるわ!!』


のぞみ『えっ!?ど…どういうことですか?』


力になりたいのぞみの願いにキュアピーチがドリームに力を貸すというが…いったいどうやるのだろうか?


ラビ×気まぐれ×ブログ


ウヴァ『くっくっく…どうせ貴様らに俺に勝てるはずがないんだ…そろそろお遊びは終わりにしようか…』


のぞみ『そうはさせないわ!!士さんも柊クンも私が…護るんだから!!』


ウヴァ『あぁ?』

ラビ×気まぐれ×ブログ


のぞみ『ホワイトハートはみんなの心!!羽ばたけフレッシュ!!大いなる希望の力!!』

ラビ×気まぐれ×ブログ

のぞみ『キュアエンジェルドリーム!!』

なんとキュアピーチの力を宿して新たなる力に覚醒した!?

その姿はキュアエンジェルフォーム!!


シャイニングドリームは製作されておらず、発売もされていないため代用しました(笑)


ラビ×気まぐれ×ブログ


ドリーム『悪いの悪いの飛んで行け~!』

ラビ×気まぐれ×ブログ


ウヴァ『ま…まずい!!あの技を食らってしまったら…チィ!!』


これまで余裕を見せていたウヴァが焦る!プリキュアの技は浄化の力を持っている…

そう…欲望という名のエネルギーを凝縮させたコアメダルにはこの技は大敵なのだ!


ラビ×気まぐれ×ブログ

『ラビングトゥルーハートドリームフレッシュ!!』


キュアピーチとドリームの力が合わさったその技は絶大!!

ウヴァは逃れようとするが間に合わず諸に受けてしまう!!


ラビ×気まぐれ×ブログ

ウヴァ『ま…まずい…このままでは…くっ!?力が…入らない…だと…!?』

ラビ×気まぐれ×ブログ


士『チャンスだ!!ハァっ!!』


身動きの取れぬウヴァに士が勢いよく空へと跳躍する!!


ラビ×気まぐれ×ブログ


柊『僕も!!』


続いて父とともに柊が飛ぶ!


ラビ×気まぐれ×ブログ


『『ファイナルアタックライドゥ…!!』』

ラビ×気まぐれ×ブログ


ディケイドディメンジョンキック!!


流石は親子なのか!呼吸はぴったりと合わさってキックを放つ二人!

時代を超えて、今ここに顕現する父と子のディケイドディメンジョンキック!!


ラビ×気まぐれ×ブログ


ゴォォォォォォォォォォ!!


ラビ×気まぐれ×ブログ


ドガァ!!

ラビ×気まぐれ×ブログ


放たれたキックはウヴァの胸を貫き凄まじいエネルギーが集約する!!

ラビ×気まぐれ×ブログ


ドガァァァァァァァァァァァァァン!! 


ウヴァに放たれたキックによって大きく爆ぜた!!

柊はまだキックが不完全なのか、着地まではうまく決められなかったようだ…www


かくしてウヴァは倒されて辛くも勝利した…


ラビ×気まぐれ×ブログ


士『ぐ…っ…………ふぅ……大丈夫か?柊…』


満身創痍でウヴァにやられたダメージにふらつくが…かろうじてとどまり、柊の身を案じる士に…


柊『うん…あっ!お父さん!今僕のことを柊って呼んでくれたよね!?』


士『えっ…あ…あぁ…まぁ…お前は俺の子なんだろ…?だったら名前を呼ぶのは当然だ』

慣れないながらも目の前の子供を自分の子と認めて、恥ずかしいやら嬉しいやら照れながら子供の名前を呼ぶ…まだ見ぬ子供…しかし…自分のこと確信した士は名前を呼んでいた…


ラビ×気まぐれ×ブログ


のぞみ『柊ク~ン!大丈夫だった?お母さんもがんばったよ~えへへ♪』


柊『お母さんかっこよかったよ!!すごいや!あんな姿になれるなんて…プリキュアってすごいんだね!!』


のぞみ『でしょ?でしょ?プリキュアはすごいんだよ~♪』


いつの間にか自然と柊の名前を呼ぶのぞみ…どうやら彼女も自分の子であることを認めたようだ…

やはり母と子供には見えない何かを感じたからなのか…母はやはり偉大である…!


ラビ×気まぐれ×ブログ


祈里『なんか見ててハラハラしちゃったけど…すごかったよ~!』


翔太郎『くっ…子を想う親の姿…見てて感動したぜ…!』


さやか『なんかさっきまで話し合っていた自分が恥ずかしくなっちゃったよ…やっぱり親ってすごいのね…』


ラブ『のぞみうまくいってよかったね!その姿すごく似合っているよ!』


辛うじて子を守り抜き戦った二人に祝福の声を上げるみんなに思わず顔がほころぶ…


ラビ×気まぐれ×ブログ

???『あっ…こんなところにいた~~~~!!おーい!!柊君!!』

どこからともなく声が聞こえてきた…柊の名前を呼んでいるようだが…


ラビ×気まぐれ×ブログ


ウラタロス『やっと見つけたよ!柊君!!ゼェゼェ…』

ラビ×気まぐれ×ブログ


なんと現れたのはイマジンであるウラタロス!?

どうやら柊クンを探しまくっていたようで息切れを起こしている


ウラタロスイマジン初登場!!購入しました!


ラビ×気まぐれ×ブログ

ウラタロス『ダメじゃないか!あのグリードから逃げるためにこの時代に遡ってきたのに勝手にデンライナーから降りたらダメだろ!?怒られるのは僕なんだよ?わかっている!?』


柊『ご…ごめんなさい…どうしてもこの時代のお父さんやお母さんに会いたかったんだ…』


ウラタロス『まったくもう…オーナーに怒られる…ハァ…』


どうやらウラタロスとともに未来から時を遡って、この時代に逃れてきたらしい…しかし、柊が勝手にデンライナーから降りてしまい、ウラタロスが探し回っていたようだ。


ラビ×気まぐれ×ブログ


ウラタロス『まぁでも結果的にグリードも倒されたし…君も無事でよかった…もうグリードがいなくなった今未来に戻っても大丈夫だ…さぁ、帰るよ!』


柊『えっ!?もう帰っちゃうの!?……もう少しここにいたいんだけど…だめ?』


ウラタロス『気持ちはわからなくはないけど…早く帰らないといろいろ面倒だから…ね?』


柊『………………』


ラビ×気まぐれ×ブログ


士『帰ってやれ…向こうの俺達もきっとお前に会いたがっているはずだからな…』


のぞみ『うん…会えなくなるのは寂しいけれど…大丈夫…きっとまた必ず会えるから…』


柊『お父さん…お母さん…』


ラビ×気まぐれ×ブログ


士『俺たちは必ずまた会えるはずだ…………未来で……また会おう』


のぞみ『うん!きっとまた会えるよ…必ず!』


柊『………………うん…短い間だったけれどこの時代のお父さんとお母さんに会えてよかったよ』


別れを惜しむ親と子…しかし、仕方がないのだ…彼らはこの時代の人間で…柊はこの時代の人間ではないのだから…三人が一緒になることは許されない存在なのだから…


だけど必ず未来でまたうことを信じて約束を交わす……


ラビ×気まぐれ×ブログ


ウラタロス『あーじゃあ…柊君は責任もって向こうに連れて帰りますんで…すみませんでした…』


士『なんか俺たちの知っているウラタロスと違うな…少し調子が狂うぜ…』


いつもなら女に対してだらしない性格のはずのウラタロスなのだが、どうやら彼もまた未来のウラタロスのようでどことなく落ち着いた雰囲気になっていた。

ラビ×気まぐれ×ブログ


柊『お父さんお母さん…ありがとう!またね!!』


別れを惜しみながら笑顔で別れを告げて…柊君はデンライナーへと載って未来へ帰って行った…


EDテーマ(クライマックスジャンプ!)


ラビ×気まぐれ×ブログ

<<プァァァァァァァーーーーーーーーーーーーーーーン……!!


デンライナーに乗った二人は未来へと続くタイムワームホールへと線路を繋げて帰って行った…

2人はそれを静かに見守る…


士『………俺とのぞみの子供か…未来が楽しみになってきたな……』


のぞみ『なんだかうれしいような恥ずかしいような……でも未来の子供に会えてよかったね!』


士『そう…だな…(それはいいが…これからのぞみに顔を合わせづれぇ…俺たちうまくやっていけるのか?子供ってことは……いや…深く考えるのやめとこぅ…なるようになるしかないか…)』











果たして未来で柊と再び会える日はやって来るのか…もしかしたら柊という少年の存在は二人のありうる未来の可能性なのだ…

















もしかしたらむすばれるのか…結ばれないのか…それはまだわからない…だけど確かにそこにいた未来の子供に出会ったことは決して忘れることはないだろう…

















未来のことはまだわからない…だけどいつか必ずまた未来の子供に会えることを信じて明日という未来へと歩むことを決してやめない……
















ラビ×気まぐれ×ブログ


彼らの手には親子たちの仲睦まじい姿が一枚の写真に収められていた…


未来でまた柊クンという少年に出会うことを信じて……






あとがきへ続く…





◇ コメントを書く/見る(0) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : ブログ


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://daina2795.blog.fc2.com/tb.php/182-fc05fe53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。